レーザー治療により改善したい色素の状態に合わせて調整することの出来るQスイッチレーザーを使い、メラニン色素だけを破壊していくことが出来ます。
安心して受けることができ、正常組織に対して健康を害してしまうこともありません。
年を重ねることで色が徐々に濃くなってきてしまい、数も増えてくるシミやそばかす、さらに粧品やエステでは改善が難しいのがあざなのです。
諦める必要はなく美容クリニックで気軽に解消することが出来るのです。

 

お肌のトラブルに対してレーザー治療を行う際には、気になっている部分に対してQスイッチレーザーを照射するだけととっても簡単な施術となります。
人によっては多少なりの痛みを感じることもありますが、我慢できない痛みではありません。



シミレーザーなら皮膚の若返りを実現するブログ:26-7-17

おいらが幼稚園に入園した日、
忘れられない思い出がある。

新しいカバンに、新しい遊び着、新しいお道具箱…と揃った中に、
ただひとつ、ママが手作りしてくれたものがあった。
それは「ひよこの座布団」。

当時、園児は全員座布団を使用していた。
そのほとんどは集団購入したもので、
デザインはたしか、
男の子は青、女の子は赤色、
厚さが三、四センチはありそうなふかふかとしたもので、
座面には可愛らしいひよこのアップリケが施されていた。

みんなとは異なる座布団は、クラスでおいらただ一人。
色は小豆色、薄っぺらでざらざらとした手触りで、
園児が使うにしては、なんとなく違和感があった。

おいらはママに泣きついた。
「おいらもみんなと同じ、かわいいひよこのついた座布団が欲しい」

ママはその座布団に
ひよこのアップリケをつけてくれたが、
それでもおいらの気分はすぐれなかった。

おいらの座布団はとても目立ったので、
おいらは隠すように急いで席についた。

早く汚れて新しい座布団を買ってもらおうと、
わざと乱暴に扱った。

しかし、他の子どものアップリケは次々とはがれていくなか、
ママが手作りしてくれたおいらの座布団は悲しいくらいに頑丈で、
びくともしないまま、卒園を迎えた。

少し成長して、中、高校生になり、
おいらは家庭内の状況がわかる年頃になった。

我が家は一家の収入をママに頼っていた時期があった。
それはどうやらおいらが幼稚園に通っていた頃と重なるようである。

おいらは「手作りの座布団は経済的に苦しかったからか」と納得し、
その当時も使っていた、
ママが作ってくれた
ひよこの座布団を好意的にとらえられるようになっていた。

このページの先頭へ戻る